ふるさと納税豚肉で還元率抜群の2.5kg!お得な3種盛りのレビュー

ふるさと納税は2017年4月から、返礼品を寄付額の3割以内に抑えるよう総務省から各自治体への要請がかかりました。それを受けて以前よりも還元率が下がってしまったところも
あるのは事実です。
以前よりも量は減ってしまったりというところも見受けられます。
そんな要請の中でも還元率の高さを誇る山形県河北町の豚肉3種盛りセット!こちらはなんと!2500gも入っています。
いつ量が減ってしまうかわからないので、今のうちに!と注文してみました。
実際にはどんな感じなのかを写真付きでレビューします。

ふるさと納税 山形県産豚肉3種盛り約2,500gセットを選んだ理由

今回注文した、豚肉3種盛りセットはこちらです。1万円のものになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】山形県産豚肉3種盛り約2,500gセット
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/2/22時点)

ふるさと納税は楽天で注文するのがオススメ

ふるさと納税を注文できるサイトも、いくつか存在しています。
その中でも私が楽天を選んでいる理由は、 「返礼品にもかかわらず、ちゃっかり楽天ポイントが付く」というところにあります。
また、商品によっては、楽天ポイントが10倍相当還元されるものも!
これってめちゃくちゃオトクですよね^^

そんなことから、お得感の高い楽天を経由して注文するようになりました。

実際に楽天内でのふるさと納税返礼品はどんなものが人気なのか、こちらから見ていただくことができますよ。

Check>>ふるさと納税【楽天】人気ランキングはこちら

ふるさと納税の中でも、肉部門かつ豚肉盛り合わせにした理由は?

ふるさと納税と言えば、やっぱり食べ物ですよね!
その中でも必ずと言っていいほどお肉は注文しており、
子供達も含め、夕飯に使えるということもあり、活用させていただいています。

以前に山形県川北町で豚肉の返礼品を注文したことがあって、
※参照:ふるさと納税山形県河北町のブランド肉「庄内豚」2kg以上レビュー

そちらも家族や、お友達にも評判で、また注文しようと思っていました。

そんな中、たまたま見つけてしまった、今回の3種盛り2500gセット。

あれ?前にもこれってあったっけ?
どうも私が前に頼んだものよりも、こちらの3種盛りの方がレビューもダントツで多く、どうやら人気のようなのです。

だったらちょっくら試しにこれを注文してみようか。 と思ったのがきっかけです。

実際に届いた時の様子を掲載しますね。

ふるさと納税 山形県河北町 山形県産豚肉3種盛り約2,500gセットのレビュー

実際には冷凍便で届きます。

まだ蓋を開けるまでは想像がつきません。どんなのが入っているかな~~

こちらにパンフレットと共に入っています。

こちらはお肉の保存に関する説明書です。
何度も冷蔵を繰り返さないように との注意書きがあります。 1度解凍したら食べきっちゃわないとですね。

こちらがカラーのパンフレットです。お店のパンフレットではなく河北町の観光案内パンフレットですね。
今まで見た事あるのは、個々のお店のパンフレットだったので、これはある意味新鮮です。

こうやって見ることで、「良さそうな町だな。言ってみようかな」という気にもなれます。町おこしの良い効果かもしれませんね。

パンフレットをよけると・・・じゃじゃーん! で、で、、デカイっ!!!

ちょっと全部取り出してみますね。 ええ、これけっこうデカイですよ。うまく伝わるかなぁ

パンフレットを入れての図。 見てください。カラーのパンフレットがもはや小さく見えます(笑)

こちらが豚バラブロック 500g×2個

大きさが伝わりにくいかなと思ったので、ボールペンと並べて比較してみました。 ボールペンが小さく見えますよね。

こちらが肩ロース。400g×2個これはポークチャップとかとんてきにして食べたい!

そしてこちらは豚ロース700g これもむちゃくちゃ大きいですよー こちらは子供が大好きなとんかつにする予定。

豚バラブロックを実際に調理してみた

豚バラブロック500gを解凍して調理することにしました。
自分で包丁で切っていきます。

ちなみに、包丁の切れ味が悪いと相当苦労します。私の包丁も最初は切れ味が悪かったんで、
途中で包丁を研ぎましたw 全部切り終わるとこんな感じです。

今回は豚丼を作ることにしました。
先に豚肉をグリル(魚焼きグリル)で焼いてしまってから、タレと絡める戦法で行きたいと思います。

その時の気分によりますが、フライパンで最初からタレと一緒に煮詰めていく時と、先に肉だけ焼いてしまってから後でタレと絡めるやり方があります。

一通りグリルで焼いている間に、豚丼のタレを作ります。
クックパッドで 「帯広 豚丼」 のレシピを調べると出てきますので、お好きなレシピをご参考に!

フライパンに調合したタレを入れて煮詰めたところに、あらかじめ焼いてあった豚肉を投入して一緒に絡めていきます。

丼にご飯を入れて、肉を乗せて、タレをちょろりとかけてお好みで上からコショウをかけたら出来上がり\(^o^)/
こちらの写真は子供用なのでご飯が少なく、ボリュームは少なめに見えますが、肉はどっさり乗っていますw

実際の味は?

今回は先にグリルで豚肉を焼くというやり方にしたのが原因だったのか、
子供達には「前に食べた豚肉の方がおいしかったし、やわらかかった」と言われました。

調理法としてはフライパンにタレを入れて、そこに焼いていない肉も一緒に入れて少しずつ煮ていく方法があって
以前はその方法で作っていたこともあり、もしかしたらそっちの調理法で作った方がやわらかく作れたのかもしれません
(フライパンからタレと一緒に煮るレシピはこちらです)

その調理法を変えた(私が横着したw)というのが原因なのかもしれませんが、

その前に食べた豚肉というのは、同じ山形県河北町で注文したブランド豚「庄内豚」の豚バラセットのお肉です。
もしかしたら自粛要請がかかった後に、以前と同量の還元率を保つために肉のランクを落とした可能性も考えられます。

この肉質の部分については、同じブランド豚が食べれないのは残念で、これは現段階では前と同じ質のものは注文できないので諦めるしかありません。

ただし、前のブランド豚を食べていない人にとっては、比較する対象がありませんから
こちらのお肉で十分おいしさと満足感は得られると思います。

個人的にはですが、肩ロースで作る「ポークチャップ」もしくは「とんてき」に期待してます。

2017.07.12 追記

昨夜、こちらの豚肩ロースを使用して、「とんてき」を作りました。
お肉が柔らかく、何も知らない主人も「このお肉おいしい!」 と言ってました。

このふるさと納税で頼んだお肉なんですがね・・・ウヒヒ (*´∀`*)

まとめ

・3種セット2500gの量はかなり多く、還元率は高い。お得だと思う。

・以前に注文したブランド豚「庄内豚」の豚バラ肉に比べると、味とやわらかさ共に劣る気がする。
 (もしかしたら調理法の違いが原因かもしれないが)
 これは自粛要請にもとづいて肉のレベルを落としたのかもしれないので、そこは目をつぶるしかない。

・だが、今回初めて食べた「豚肩ロース」は柔らかくおいしかったので、そこは高評価。

・より多くのお肉をたくさん食べたいという人には向いていると思う。

以上参考にしてみてくださいね~ ^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】山形県産豚肉3種盛り約2,500gセット
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/2/22時点)

ふるさと納税まとめ&頼んで良かったランキング


ふるさと納税で私がこれまでに頼んだものは、この他にもたくさんあります。

実際に注文してみてどうだったのか【写真付きでレビュー】
していますので、こちらからチェックしてみてくださいね。

>>【まとめ】注文した特産品の肉、魚の干物、刺し身、うなぎ写真付きレビュー

>>【ランキング】頼んで良かった私のお気に入りふるさと納税特産品BEST5を発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする