お風呂のカビ予防に燻製「ルックお風呂の防カビくん煙剤」使った感想

お風呂のカビは床や天井、タイルの溝パッキンなどあちこちにできやすく、掃除が面倒ですよね。赤カビ(ピンクカビ)や黒カビ・・・ほんとに厄介です。それらの掃除ともおさらばしたい!!
どこからかお風呂のカビ防止には銀イオン(Ag)の煙の出る燻製剤が良いという噂を聞きつけ、調べてみたところ、
ものすごく良さそうな口コミレビューがあり評価も上々だった「ルックお風呂の防カビくん煙剤」を、早速我が家でも使ってみることに。
実際に使ってみた結果の感想レビューと使い方などを書いていきます。

お風呂の黒カビ防止に燻製剤が良いのはなぜ?

私が使ったのはこちらです。

私も最初はお風呂のカビ予防で燻製剤を使うという発想がまったくありませんでした。こういうこともお話を聞かないと思いつかないことですよね。

なぜ黒カビ防止に燻製剤が良いんでしょう?

そもそも黒カビというのは、私達の目に見える状態になるよりももっと前に発生しています。目に見えない状態でお風呂(浴室)の中にたくさん菌が潜んでいます。
これが原因菌と言われるものです。

原因菌→ 成長 → 目に見える黒カビ

となるわけですが、私達はいつも黒カビになってから掃除をして菌を退治していますが、そうなってからのお掃除だと、ひたすら繰り返す状態になってしまうのです ><
なので、目に見えない状態の原因菌の段階で退治しておくことが大事なんだとか。

この原因菌の段階であれば、「銀イオン(Ag)」の成分で除菌することができます。
煙を発生させることで、普段のお掃除で手が届きにくい天井の方隅々まで行き届いてくれます。

塩素系の成分ではないところも体に優しい感じがしますね。

ルックお風呂の防カビくん煙剤のレビュー

そもそもこちらを最初に発見したのが大掃除の時期でした。 お風呂掃除に便利なものはないか探していたところ、この商品を発見。
口コミレビューを見たところなかなかの高評価で、これを使った後は非常にお風呂掃除が楽になるということも書かれていました。

そんなに高いものでもないし、一度買って使ってみよう! と思ったのがきっかけです。

こちらのコンパクトな箱に入っています。 一度は見かけたことがあるかもしれません。
この煙キャラクターの絵が印象的で、見たら忘れないですね。 1~2ヶ月キレイがつづくと書いてあります。実際に使うのは2ヶ月に1回程度になります。

こちらは箱の裏面です。ここにも使い方が書かれていますね。

目立つカビがある場合には、先にカビ取り掃除をしてください。とあります。

箱を開けてもしっかりと注意書きがありますね。 ここまで書いてあれば見落とすこともありませんw

こちらは正面からの写真。 かなりインパクトのあるパッケージです。こうなったら嫌でも目に焼き付いてしまいますw

こちらはゴミの捨て方についての説明や成分表示なども書いてあります。

次回使用する時のために、実施日メモも付属してます。 私の場合は、スケジュール帳の2ヶ月後に 「そろそろ燻製剤」と書いてますが、こちらもうまく活用できそうですね。

実際に出てきたものは、非常にシンプルです。中に銀袋に入った燻製剤とそしてあとは説明書が入ってるだけ。

このように説明書が入っています。 お風呂の椅子や洗面器、タオル、シャンプーボトルなどの小物はすべて置いたままでOK。
これらに付着している原因菌も一緒に除菌してくれるのかな ^^

こちらには、次回の使用時期1~2ヶ月後と書いてあります。2ヶ月目が来る前に カビがポツポツ見え始めたら、黒カビが広がる前にすぐに使った方が良さそうですね。

こちらのカップに水を入れます。 黒い点線まで。

先ほどのカップの中に、これを入れます。 すぐに熱くなり、煙が出て来るので、水の中に入れたらこの缶には直接触れないようにしましょう。

こちらが実際にセットして浴室に置いた状態です。 この後すぐに白い煙が浴室内に立ち込めてきます。

使ってみた感想は?

実際に商品をセットして、どんな風になるかな~ と白い煙が立ち込めてくるまで待ってみました。
あっという間に煙が出てきて、それを写真に撮ろうとしましたが、うまく煙が映らず、それどころか煙の勢いがすごすぎて私自身がむせてくるという自体にw

これは早くこの場を立ち退かなければ・・・

と慌てて退出し、お風呂のドアを閉めました。 実際には煙が出て来るのは約10秒で、5分経過すると煙は止まります。

それでもお風呂場にはニオイが立ち込めています。中にいるとゲホゲホしてくるのでセットしたらすぐに逃げましょうw

ニオイはそのまま残るのでその状態でドアを閉めたまま90分以上放置したのち、30分以上の換気をします。

水で洗い流す必要はありません。

これを使うようになってからというもの、確かに黒カビはこのお風呂場では見ていないです。
そもそも、カビキラーを使ってまで掃除することがほぼなくなりました。

おかげでカビキラー本体と、詰め替えとが、1年近く残り続けています。

お風呂の黒カビには効くが赤カビ(ピンクカビ)には効かない?

お風呂の赤カビ(ピンクカビ)はそもそも黒カビと性質の違うもので、「酵母」という微生物になります。

・黒カビよりも成長が早く発生頻度が多い
・黒カビのように根がどんどん伸びていくことがなく表面上につくものなので、簡単に落とせる

という特徴があります。

そのことから、ピンク色のぬめりを見つけたらすぐにお風呂用洗剤+スポンジで洗っておけばOKですね。

また、赤カビに燻製剤が効かない? というのは、
このカビ自体の成長が早すぎるため、黒カビのように発生を長く抑えるということが難しくなります。

ですので、赤カビは見つけたらすぐ洗うことが重要になってきます。

我が家の場合は、赤カビが出て来る前にこれも予防で、
お風呂から上がる時にスクイージーで浴室の水気を切っています。

また、寝る前にパストリーゼ(またはジェームズマーティン)のスプレーを「カビの出やすい箇所」にシュッシュと吹きかけてカビ予防をしています。

これをやるようにしていたら、赤カビも見なくなりました。

私は、ボトルがおしゃれなので、まずジェームズマーティンのスプレーボトルを使って、中身が空になったらその中にパストリーゼを入れて使っています。

パストリーゼは食品にも使えたり、また浴室だけでなく、洗面所やキッチン、生ゴミの三角コーナーゴミ箱、電子レンジの中、まな板など
ありとあらゆるところに使えるので重宝しています。

ルックお風呂の防カビくん煙剤の効果をより高めるためには!?

商品説明書には、商品パッケージには浴室が濡れていても乾いていても効果に違いはありません。と書いてありますが、
公式サイトには、

カビ取り剤は、カビ取りしたい場所が乾いた状態で使う!
カビ取りしたい場所が濡れていると、カビ取り剤が薄まったり密着しにくくなったりします。

と書いてあります。ちょっと矛盾しているような気もしますが、 できれば乾いた状態の浴室で使った方が効果をより高められそうですね。

こちらも忘れないように2ヶ月に1回はしっかり使っていきたいです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

トイレの汚れがつきにくくなるコート剤を探していたところ、見つけた泡スプレーが優秀です。これのおかげでトイレ掃除が一気に楽になりました。
モコモコの泡スプレーをするだけなので便利です。 実際に使っている様子などをレビューしています。

Check>>【驚愕】トイレの汚れ防止コート洗浄剤モコモコ泡スプレーがスゴイ!手放せなくなってしまった件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする